ブログ開設しました


商号のローマ字表記

平成14年11月1日より、会社・法人登記において、その商号・名称にローマ字等を登記することができるようになりました。

①使用できる文字

・ローマ字(大文字及び小文字)
・アラビア数字
・記号のうち下記のもの
    「&」(アンパサンド)、「 ' 」(アポストロフィー)、「,」(コンマ)、「−」(ハイフン)
    「 . 」(ピリオド)、「・」(なかてん)
※上記の記号は字句を区切る際に限って使用できるので、商号又は名称の先頭又は末尾に使用することはできない。ただし、ピリオドは末尾に使用できる。

②ローマ字等を使用できる範囲

商号・名称の部分に限られ、会社、法人の種類の記載は含みません。たとえば株式会社という表記に置き換えて、「K.K」「Co.,Ltd.」などと表記することはできません。
また、ローマ字等の表記と日本文字の表記を併記して登記することはできません。
(括弧書きで日本文字を書くことも不可)

 例)  DEF(ディーイーエフ)株式会社
        DEF Co., Ltd. ディーイーエフ株式会社
     →いずれも不可

 ただし、ローマ字等と日本文字が混ざった商号又は名称は登記することができる。

 例) DEF東関東株式会社 
    →可

一覧に戻る

Copyright©司法書士・行政書士 藤岡事務所 All Rights Reserved.